【波多野結衣】スペンス乳腺開発クリニック

FANZAよりダウンロード購入

【出演者】波多野結衣
【発売日】2016/1/16
【メーカー】OPPAI
【筆者評価】★★★★★★
【ジャンル】巨乳、中出し、パイズリ
【DMM評価】35人が評価して4.69点(5点満点)※記事を書いた時点の評価
【こんな人におすすめ】

おっぱい最強性感帯スペンス乳腺尾部の知識を深めたい。

波多野結衣の完全トランスセックスを見たい

<第一部>

知る人ぞ知る『おっぱいクリトリス』とすら言われるおっぱいの性感帯『スペンス乳腺尾部』に拘った作品。

冒頭インタビューで『最大の性感帯は乳首』と言い張る結衣。

説明されても半信半疑の波多野結衣。見ていやがれ!スペンス乳腺の威力を見せてやる!

まず偉そうな先生とかいう人が出てきてレクチャー。説明が非常にわかりやすい。

説明しながらスペンス乳腺への愛撫を実演する先生。興味津々の結衣。

最初はくすぐったそうな波多野結衣。リラックスするため仰向けになる。

仰向けになってもくすぐったくて笑う波多野結衣。「本当に気持ちよくなるんですか?」疑心暗鬼。今に見てろ・・・。

ところが感度が上がりどんどん感じてくる波多野結衣。どんどん反応はエスカレートしていく!

乳首をもまれながらスペンス乳腺尾部を断続的にもまれるとエビ反り状態で絶頂に!

ラストは激しい手マン大量潮吹き!本当に先生なんか?男優やろwww

スペンス乳腺すごいで・・・。

<第二部>

インタビューで「稲妻が走ったみたい」とその快感を語る波多野結衣。どうやら身体全体の感度も上がるらしい。

さて、第二部のカラミはスペンス先生にスペンス乳腺を生かすセックスを教えられたという男優が登場。

まずは普通にキス愛撫から。そしていよいよ胸の愛撫。

じっくり胸を愛撫されるとすでに感度が上がっているのか感じまくる結衣。

そして後ろからスペンスの乳腺尾部愛撫されると絶頂連発の波多野結衣。すごすぎるわ。

感度が上がりクンニも快感倍増。いきまくりの結衣。

そして正常位生スパンセックスしながらスペンス乳腺尾部を責められるともうヤバい。

もはや全身性感帯となり、色んな体位でスパン中も絶叫の嵐。

最後は正常位中出しフィニッシュ!ぐったりする波多野結衣。

<第三部>

スペンス乳腺をすっかり開発され超敏感になった波多野結衣。手を拘束されバンザイの態勢で後ろからを愛撫される。

もうスペンス乳腺を触られただけで色っぽい声で鳴く結衣。そんな結衣に容赦なくローション攻撃する男優。

さっそくスペンス乳腺を強く刺激され絶頂!そんな結衣に対し男優は電動歯ブラシ攻撃

ヨダレを垂らしながら感じまくる結衣。そして二本の電マ登場。悪魔か。

両脇のスペンス乳腺尾部を電マで愛撫されながらおもらしする波多野結衣は圧巻。

<第四部>

もう敏感になりすぎている胸で波多野結衣にパイズリをしてもらおうというシーン。無茶振りやで。

パイズリで気持ちよくさせるはずの結衣が気持ちよくなってしまっている。

そしてパイズリから完全に脱線し、ちんぽを使ってスペンス乳腺尾部自分で愛撫して絶頂に達する結衣。

何とか男優も逝かせるが、逝き疲れて満身創痍の波多野結衣。

<第五部>

満を持して今まで全く攻めていなかった乳首を責めるシーン。

もう少し揉まれただけでも大きく感じるようになってしまった結衣の。俺も揉みたい。

まだ乳首を責められてないのにスペンスへの愛撫だけで逝くまくる波多野結衣。

そしていよいよ乳首舐め!大絶叫の結衣!さらにローター乳首責め

さらにクンニされながらの乳首攻めで結衣絶叫しまくり。

そして性以上位でスパンピストンされながら乳首弄られるたびに凄い反応を見せる結衣。

もうバックの所から絶叫する余裕もなくぐったりする彼女。ロールスロイスの潮吹きシーンは圧巻ですらある。

最後の正常位ではもう意識朦朧で失神寸前。ヤバすぎるだろこれ。そのまま正常位で中出しフィニッシュ!痙攣して身体をぴくぴくさせる結衣。

さらに男優もう一発!マジか!!

目線が泳いでいる結衣のおまんこちんこをピストンさせる鬼男優。

フィニッシュは顔射で!目が完全にいってしまっている波多野結衣。

<総評>

様々な意味で大変見ごたえのあるDVDである。

まずスペンス乳腺の存在を知らない人も多いと思うし、大事な人とのセックスを豊かにできる知識なのでそれを知るだけでも買いだ。

そして女優波多野結衣の凄さ。ラストシーンはただただ圧巻。

さすがに最強AV女優と感心してしまう程のイキっぷり。抜きどころも本当に満載。

このシリーズは色々な女優さんが出演しているが波多野結衣のこの作品が最高だと思う。

当方はスペンス乳腺尾部の勉強のため、無期限ダウンロード版を購入したwww

コメントの入力は終了しました。